• 創業融資

創業者必見!「協調融資」の進め方と効果的な利用法とは?

大山 俊郎
監修者 大山 俊郎

大山俊郎税理士事務所 代表 大山俊郎(おおやま としろう)

光熱費や人件費高騰による大幅なコストアップ・・・
しかし、中小企業の多くはコストアップを販売価格に反映できず苦しんでいます。「薄利多売」の時代は終わり、中小企業でも「値上げ」が必須の時代になりました。
この時代を勝ち抜くために、弊所独自の「強み集中」利益最大化経営計画を通して中小企業の支援を行っています。

代表的な著書は「SWOT分析を活用した【根拠ある経営計画書】事例集」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

協調融資の進め方を理解することは、中小企業や創業者が資金調達を成功させるために非常に重要です。

この記事では、「協調 融資 進め方」について、基本的な概念から具体的な方法まで詳しく解説します。
協調融資とは、複数の金融機関が共同で一つの企業に融資を行う方式で、協調融資 日本政策金融公庫との協力が多くの中小企業で利用されています。

協調融資のメリットとして、多額の資金調達が可能な点や手続きの簡素化があります。
しかし、協調融資 デメリットも存在し、審査に時間がかかることや、一方の金融機関が融資を拒否することで協調融資全体が成立しないリスクもあります。
このような場合、協調融資 片方だけの了承を得ることが課題となります。

協調融資を成功させるためには、協調融資 審査のプロセスや保証協会の役割について理解することが重要です。
保証協会は金融機関のリスクを軽減し、協調融資 確率を高める役割を果たします。
また、協調融資 金利の設定や、協調融資 シンジケートローン 違いについても把握しておく必要があります。

 

この記事を通じて、協調融資の基本から応用までを学び、あなたのビジネスに役立つ情報を提供します。
協調融資を効果的に利用して、資金調達の成功率を高めましょう。

この記事で解決できるお悩み
✔ 協調融資の進め方は?
✔ 協調融資のメリットとデメリットは?
✔ 協調融資の審査や保証協会の役割は?
✔ 協調融資とシンジケートローンの違いは?

協調融資の進め方

協調融資は、中小企業や創業者が資金調達を効率的に行うための手段です。ここでは、協調融資の基本からメリット・デメリット、具体的な進め方までを詳しく解説します。

協調融資とは?

協調融資とは、複数の金融機関が連携して一つの企業に対して融資を行う方式です。単独融資とは異なり、金融機関間でリスクを分散し、企業に対してより多額の資金を提供することが可能です。協調融資には、政府系金融機関と民間金融機関の協力によるものや、民間金融機関同士の協力によるものがあります。この手法により、企業は多額の資金を効率的に調達できるだけでなく、手続きも簡素化される場合があります。例えば、日本政策金融公庫と民間金融機関が協力して行う協調融資は、多くの中小企業で利用されています。

協調融資のメリット

協調融資の主なメリットは、多額の資金を調達しやすい点です。複数の金融機関が共同で融資するため、各機関のリスクが分散されることから、企業側は高額な融資を受けることが可能です。さらに、手続きの簡素化も大きなメリットです。協調融資の場合、複数の金融機関に個別に申請する手間が省けるため、事務負担が軽減されます。特に、日本政策金融公庫との協調融資では、成長分野への資金調達がしやすくなる点が評価されています。これにより、企業の事業拡大や新規事業の立ち上げがスムーズに進むことが期待されます。

協調融資のデメリット

協調融資にはデメリットも存在します。まず、審査に時間がかかる点です。複数の金融機関が関与するため、単独融資に比べて審査が長引く可能性があります。また、一方の金融機関が融資を拒否した場合、協調融資全体が成立しないリスクもあります。さらに、創業時には特に注意が必要です。創業前に協調融資を受けると、その後の資金調達が難しくなる場合があります。例えば、創業後早期に追加の融資が必要となった場合、まだ返済が進んでいないため、新たな融資が受けにくくなることがあります。

協調融資の審査

協調融資の審査は、単独融資よりも複雑です。複数の金融機関が関与するため、それぞれの基準を満たす必要があります。まず、事業計画書や損益計画書などの提出が求められます。次に、各金融機関が独自にリスク評価を行い、その結果を総合して最終的な融資判断が下されます。審査に時間がかかるため、余裕を持って申請することが重要です。また、事前に専門家のアドバイスを受けることで、審査の通過率を高めることができます。

協調融資と保証協会の関係

協調融資と保証協会の関係も重要です。保証協会は、企業が融資を受ける際に保証を提供し、金融機関のリスクを軽減します。協調融資の場合、保証協会が一部のリスクを引き受けることで、より多額の資金調達が可能になります。例えば、保証協会の保証付きであれば、融資が受けやすくなります。ただし、保証協会の保証枠を超える場合は、新たな保証が難しくなるため注意が必要です。このように、保証協会の利用は協調融資の成功に大きく寄与します。

協調融資の金利

協調融資の金利は、参加する金融機関によって異なります。通常、各金融機関が独自に金利を設定しますが、協調融資の場合、統一された金利が適用されることが多いです。金利の決定には、企業の信用力や事業計画、融資期間などが影響します。低金利を実現するためには、しっかりとした事業計画を立てることが重要です。また、金融機関との交渉を通じて、より有利な金利条件を引き出すことも可能です。

協調融資の進め方と効果的な利用方法

協調融資を効果的に利用するためには、以下の方法を参考にしてください。具体的な手順や成功のためのポイントを解説します。

協調融資と日本政策金融公庫

協調融資において、日本政策金融公庫は重要な役割を果たします。同公庫は、特に中小企業や創業者に対して、民間金融機関との協調融資を積極的に行っています。公庫を利用することで、通常では難しい高額融資も実現可能です。まずは日本政策金融公庫に相談し、協調融資の具体的なスキームを確認することをお勧めします。また、公庫の協調融資は、特定の分野での成長支援にも活用されています。

片方から了承を得られない場合

協調融資を進める際、一方の金融機関から了承を得られない場合もあります。このような場合、他の金融機関に再度相談するか、事業計画を見直して再提出することが必要です。また、別の保証協会の利用や、追加の担保を提供するなど、金融機関が納得する条件を提示することも検討すべきです。これにより、協調融資の成功率を高めることができます。

協調融資の成功確率を高める方法

協調融資の成功確率を高めるためには、しっかりとした事業計画書と損益計画書を作成することが重要です。さらに、金融機関とのコミュニケーションを密にし、疑問点や不明点を解消することが求められます。事前に専門家のアドバイスを受けることで、審査通過の可能性を高めることができます。例えば、経験豊富な税理士や経営コンサルタントの助言を受けると良いでしょう。

協調融資とシンジケートローンの違い

協調融資とシンジケートローンは似ているようで異なるものです。協調融資は、複数の金融機関が共同で一つの企業に融資する方式です。一方、シンジケートローンは、幹事行が主導して他の金融機関を取りまとめ、統一条件で融資を行います。シンジケートローンは大型プロジェクトに適しており、協調融資は中小企業の資金調達に向いています。これらの違いを理解することで、自社に最適な融資方法を選択できます。

創業時の協調融資のポイント

創業時に協調融資を利用する際のポイントは、資金計画の明確化と適切な金融機関の選定です。創業前に日本政策金融公庫と協力して資金調達を行うことで、創業後の追加融資が容易になります。また、創業時には事業の将来性をアピールし、金融機関の信頼を得ることが重要です。例えば、具体的なビジネスプランや市場分析を含めた詳細な計画書を作成することが有効です。

まとめ

  • 協調融資は複数の金融機関が共同で融資を行う方式である
  • 金融機関間でリスクを分散し、多額の資金調達が可能
  • 日本政策金融公庫と民間金融機関の協調融資が多く利用される
  • 多額の資金調達がしやすい点が協調融資の主なメリットである
  • 一方の金融機関が融資を拒否した場合、協調融資全体が成立しないリスクがある
  • 審査には複数の金融機関の基準を満たす必要がある
  • 保証協会は金融機関のリスクを軽減し、より多額の資金調達を可能にする

 

協調融資の進め方について、ここまで詳しく解説してきました。

協調融資は、中小企業や創業者にとって資金調達を効率的に行うための有力な手段です。
複数の金融機関が共同で融資を行うことで、多額の資金調達が可能になり、手続きの簡素化も期待できます。
特に、日本政策金融公庫と民間金融機関の協力による協調融資は、多くの中小企業で利用されています。

一方で、審査に時間がかかる点や、一方の金融機関が融資を拒否した場合のリスクも理解しておく必要があります。
創業時には、その後の資金調達が難しくなる可能性もあります。
保証協会の利用や、事前に専門家のアドバイスを受けることで、協調融資の成功率を高めることができます。

協調融資の金利や審査基準を理解し、日本政策金融公庫との連携を活用することで、資金調達の幅が広がります。
もし片方の金融機関から了承が得られなかった場合は、他の金融機関に再度相談することが大切です。

このブログが、協調融資の進め方についての理解を深め、皆さんの事業に役立つ情報を提供できたのであれば幸いです。
今後も、さまざまなビジネスに役立つ情報を提供していきますので、ぜひ他の記事もご覧ください。
あなたのビジネスの成功を心より応援しています。

    お名前必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    会社名

    メッセージ

    大山 俊郎

    大山俊郎税理士事務所代表税理士

    同志社大学商学部卒業後
    父が経営する年商50億の会社へ入社

    二代目経営者として
    現場での下積みから
    会社のヒト、モノ、カネ管理まで従事

    特に
    ・銀行との交渉
    ・経理の改善
    ・資金繰り
    ・事業承継の対策
    などに尽力

    ある親族との同族問題で自社の株式
    を売却をした経験から
    「会社のヒト・モノ・カネの管理は
    会社と経営者一族の運命を左右する」
    ことを痛感

    日本随一の
    「同族会社経営を経験した税理士」
    として事務所を開設し
    「会社にお金を残す節税マニュアル」
    を開発
    全国の同族会社の経営者・法人経営者
    向けに「会社を強くする仕組み作り」
    を指導

    大山俊郎のプロフィール

    ブログ一覧に戻る

    格安|創業融資は税理士に相談/「創業融資」は専門家に頼るのが一番

    「創業融資」無料相談