【創業】独立前に準備しておくたった一つのこと

 

税理士 大山俊郎


「起業・会社設立前後の経営を誰に相談すればいいのかわからない…」「創業融資が成功する考え方や方法を学びたい!」 という方へ

このブログでは、年商50億・借入額20億円の会社での二代目経営者という経験を生かして、融資のための準備やノウハウを大公開します。

この記事を書いている人 - WRITER -

 

独立前に準備しておくことは、心構えです。

 

その心構えとは、最悪の状況になった時のことをあらかじめ決めておくことです。

 

  • 独立してから2年間で売上が1000万円に到達しない場合
  • 貯金が100万円以下になった場合

 

など、独立をやめてサラリーマンに戻る基準を決めておくことです。

必要なのは「最悪の状況を想定すること」です。

これを投資用語では、「ドローダウン」などと言ったりします。

別の言い方をすると、「強制撤退する基準」をはじめから設定するのです。

 

 

実際に起業相談を受けていると、「昔、独立していたことがあるので、起業について大体のことは分かります。」と言われるお客様がいます。

何事も、やったことがある人とやったことがない人とでは、次に挑戦した時に成功する確率は格段に上がります。

一度やったことがあるということは強いんです。

たとえ失敗したとしても、将来再挑戦するときには経験者として有利になります。

 

失敗するというリスクを受け入れることができない場合は、独立しないほうがいいのかもしれませんね。

この記事を書いている人 - WRITER -