• 創業融資

経営の初心者でも使える!手元のお金の増やし方

 

「運転資金を借りたいのですが、できるだけ長期間借りたいです。」

 

融資のお手伝いをしていると、このようなご意見が多いです。

 

これはおそらく長期間借りれば、毎月の返済額が減るからというところから来る意見だと思います。

 

 

しかし、これをやると資金繰りは改善しません。

 

 

起業した直後や、初めて借り入れをする場合には、「すぐに返済しないといけない借り入れ」は恐いというのもわかります。

 

得意先との関係も安定していない中、借入を

「返せるかな?」

というのはやっぱり大きな不安になりますからね。

 

 

でも、何年も経営してきているのに、「運転資金をできるだけ長期で借りよう」としてしまう社長がいます。

 

いつまでも運転資金が必要になる都度、長期返済の借入をしてしまうとその分無駄に多く借入をしないといけません。

 

借入が多いと、その分無駄に利息を払う必要がある、必要なときに借りられない可能性が大きくなる、などのリスクを抱えることになります。

 

融資を受ける際は、この点についても注意してください。

 

大阪谷町の税理士、大山俊郎でした。

大山 俊郎

大山俊郎税理士事務所代表税理士

同志社大学商学部卒業後
父が経営する年商50億の会社へ入社

二代目経営者として
現場での下積みから
会社のヒト、モノ、カネ管理まで従事

特に
・銀行との交渉
・経理の改善
・資金繰り
・事業承継の対策
などに尽力

ある親族との同族問題で自社の株式
を売却をした経験から
「会社のヒト・モノ・カネの管理は
会社と経営者一族の運命を左右する」
ことを痛感

日本随一の
「同族会社経営を経験した税理士」
として事務所を開設し
「会社にお金を残す節税マニュアル」
を開発
全国の同族会社の経営者・法人経営者
向けに「会社を強くする仕組み作り」
を指導

大山俊郎のプロフィール

ブログ一覧に戻る

メールマガジンのご案内

法人化マニュアルを無料プレゼント中

詳細はこちら