『創業融資が4コママンガでよくわかる!』小冊子を無料でプレゼントしています!

   

起業家が成功する考え方とは?~「おいしい話」を断る~

 
進入禁止

起業家さんは、おいしい話が来ても、断ってください

「何でもやってみないとわからない!」という考え方を捨ててください。

 

なぜこんなことを言うかというと、起業家は普通、失敗するからです。

失敗と言っても、コントロールできるレベルの小さな失敗であれば問題ありません。

でも、大きな失敗は問題ですよね?

 

おいしい話は、色んな形で起業家さんに近づいてきます。

 

  • タイアップしませんか?ジョイントベンチャーしませんか?
  • ランチ会に来ませんか?
  • 今加入すると、割引になりますよ!
  • ホームページを作るだけで集客ができますよ!

などなど

…僕自身が起業した直後に経験したことです(笑

 

例えば、おいしい話があります…

あなたが起業してすぐに、おいしい話(儲け話)を聞いて、その話に乗るか迷っているとします。

  • もしその「おいしい話」に乗らなかった場合、あなたの最大のデメリットは儲けられなかったこと(機会損失)です。つまり、リスクはゼロです。
  • もしその「おいしい話」に乗った場合、あなたの最大のデメリットは儲からなかった場合に、その儲け話のために費やしたコストです。つまり、リスクは非常に大きくなります。

 

あなたなら、この「おいしい話」に乗るでしょうか?

起業家でない方も、もしあなたが起業家ならどうするか、考えてみてください。

 

 

答えはもちろん、「おいしい話」には乗らない方がいいです。

もし、結果的に上手くいったとしても、です。

おいしい話に乗った場合のデメリット(リスク)が大きすぎるのです。

特に、起業家にとってひとつのプロジェクトに失敗することが即、資金ショートにつながります。資金ショートは、起業家にとっては通常、倒産や廃業を意味します。

ある程度実績のある会社であれば、立て直しが効くこともあります。

起業家は、失敗すると立て直しが効きません。

 

せっかく融資を受けたのに何もしないの?

日本政策金融公庫(にほんせいさくきんゆうこうこ)から融資を受けた場合にも、そのお金をどう使うか?が当然ですが重要になります。

 

 

では、せっかく借りたお金を何に使えば一番いいのでしょうか?

 

あなたが積み上げてきたスキル、つまり「本業」です。

いかにその本業でのスキルを活かしてできる仕事か。

いかに本業で築いてきたお客様に、より高いスキルとマインドで接するか。

いかに本業をレベルアップさせる設備投資を行うか。

借りたお金を使うなら、「本業」の「スキルアップ」か「設備投資」です。

 

その上で、お金のやりくり(資金繰り)を考えていきましょう。

 

まとめ

起業家は、挑戦者です!!

起業家は、なんでもやってみないと分かりません!!

 

それでも…

起業家こそ、慎重になりましょう。

起業家サポートに強い税理士への相談はこちらから可能です。

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です