• 起業資金

【起業家のための資金調達】一般社団法人も「IT補助金」の対象になります!

最近は、「一般社団法人」として起業される方も増えてきました。

 

一般社団法人でデイサービスを事業として起業された方から、

 

「うちでもIT補助金を申請できるんですか?」

 

というご質問をいただきました。

 

 

ネット上では、なぜか「一般社団法人」だけはIT補助金の対象にならないという情報が複数みつかりました。

そこで、経済産業局のIT補助金コールセンターに問い合わせてみました。

 

すると…

 

「一般社団法人も、IT補助金に申請できますよ」

 

という回答をいただきました。

 

公募要領

の3-3、

 

「中小企業・小規模事業者等の定義」

 

を読んでも、一般社団法人には触れられていないため、ネット上で一般社団法人がIT補助金の対象にならないという話になっているようです。

 

ですが、この

 

「中小企業・小規模事業者等の定義」

 

を読んでも「一般社団法人がIT補助金の対象にならない」とは書かれていません。

 

しかも、経済産業局のIT補助金コールセンターの担当者の方からも「一般社団法人がIT補助金の対象にならないということはありません。」と回答いただきました。

 

ですから、一般社団法人の方もIT補助金を申請することに何ら問題はありません。

 

 

 

大山 俊郎

大山俊郎税理士事務所代表税理士

同志社大学商学部卒業後
父が経営する年商50億の会社へ入社

二代目経営者として
現場での下積みから
会社のヒト、モノ、カネ管理まで従事

特に
・銀行との交渉
・経理の改善
・資金繰り
・事業承継の対策
などに尽力

ある親族との同族問題で自社の株式
を売却をした経験から
「会社のヒト・モノ・カネの管理は
会社と経営者一族の運命を左右する」
ことを痛感

日本随一の
「同族会社経営を経験した税理士」
として事務所を開設し
「会社にお金を残す節税マニュアル」
を開発
全国の同族会社の経営者・法人経営者
向けに「会社を強くする仕組み作り」
を指導

大山俊郎のプロフィール

ブログ一覧に戻る

メールマガジンのご案内

法人化マニュアルを無料プレゼント中

詳細はこちら