【大阪で会社設立】支店登記をすると融資が早くなる!?

 

税理士 大山俊郎


「起業・会社設立前後の経営を誰に相談すればいいのかわからない…」「創業融資が成功する考え方や方法を学びたい!」 という方へ

このブログでは、年商50億・借入額20億円の会社での二代目経営者という経験を生かして、融資のための準備やノウハウを大公開します。

この記事を書いている人 - WRITER -

 

大阪谷町の税理士、大山俊郎です。

 

会社を設立しようとしている、または設立直後の人にとっては、登記は分からないことだらけではないでしょうか?

 

普通に会社を設立して事業を行うためには、登記のことは専門家に任せておけばいいや!という方もいるかも知れません。

でも、融資を受ける場合はどうでしょうか?

 

この記事では、融資を受けるために有利な会社設立・会社登記のコツについての記事になります。

 

あなたが会社設立後に融資を受ける可能性があるならとても役に立つ記事になっています。それでは一緒に見ていきましょう!

 

大阪で会社設立直後に融資を受けた事例

 

この記事では大阪で会社を設立して融資を受ける場合を想定しています。

 

例えば大阪府堺市で本店登記をして設立した会社・A社があります。

 

設立登記後、「融資を受けるには大阪市内の方が有利」という話を聞いて、A社は本店を移転しようと決意しました。

※大阪市内の金融機関から融資を受けるためには、大阪市内に本店または支店(営業所)がある必要があります。

 

融資を受ける必要があるのは約3週間後。

一方で本店の移転登記(登記簿謄本の発行も含む)には約2週間かかるとのことでした。

 

つまり、融資を受けるために残された時間は1週間。これでは現実問題として融資が間に合いません。

 

さて、どうしましょうか・・・?

 

大阪で会社設立直後に素早く融資を受けるにはどんな方法があるでしょうか?

 

実は、本店の移転登記には2週間かかってしまうのですが、本店の登記は変えずに、支店の設置するなら1週間以内に登記が完了するのです。

 

しかも、融資は大阪市内の金融機関から受けることができます。

 

A社は、本店を移転せず、支店の設置だけを素早く完了して、結果的にはスムーズに融資を受けることができました。

 

スムーズに融資を受けられた理由は、やはり大阪市内に支店登記をしたことだったそうです。

 

まとめ(大阪での会社設立後に融資を受ける方法)

 

このように、会社設立と本店・支店の登記というのは密接に関連しています。

 

本店が大阪市内でなくても、大阪市内の金融機関から融資を受ける方法がある、ということがお分かりいただけましたでしょうか?

 

特に、会社設立直後に融資を受ける場合、ただでさえ短期間にやることが多くて大変です。さらに融資を受けるとなるともっと大変です。

 

そんな時は会社設立と融資の両方に詳しい専門家に相談することが、スムーズに進める秘訣になりますね。

 

ここがポイント

支店登記をすると登記完了が早いということでした。

金融機関の都合に合わせて、登記をすることも必要なんですね。

 

大阪谷町の税理士、大山俊郎でした。

この記事を書いている人 - WRITER -