『創業融資が4コママンガでよくわかる!』小冊子を無料でプレゼントしています!

【副業サポートパック】サラリーマンが勤務先に内緒で会社を設立する方法(マイナンバー対策付き)

 

サラリーマンやOLをしている方も、将来の独立を考えている方もいると思います。個人事業として会社にばれないように副業として起業する方法があります。または、会社を設立して起業する方法もあります。

 

そこであなたは考えるかも知れません。会社を退職していきなり起業するのはリスクが高いので、まずは副業として起業し、売上の見込が立ってきたら会社を辞めよう。

こう考えるのが自然ですよね。

 

 

こんな方法も…

専業主婦だった妻が新しく会社を設立して社長になる。

夫婦で協力できる場合は、妻が社長になることで、夫が新しく設立した会社からは給料を取らないことができます。そうすることで、現在勤務中の会社には副業がばれないようにすることができます。

 

特に、マイナンバーの導入で、会社に副業がばれないか…と気になる方は多いようです。こんな方法も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

弊所では、このような副業による会社設立について、多くの実績があります。

副業で会社を設立し、現在の勤務先に知られずに独立を果たした方の多くが、弊所の顧問先さまとなっております。

 

※サラリーマンの副業が勤務先にばれる原因の多くは、「住民税」です。さらに、マイナンバーの導入で社会保険との関係で今後より一層勤務先にばれやすくなっていくと思われます。

 

サラリーマンが副業で起業する際に失敗しない方法とは?

 

勤務先に内緒で起業していることはばれるのでしょうか?

これは場合によります。

副業が勤務先に知られないようにする手続きは可能です。

 

 

法人か個人か

 

副業を行う場合、法人か個人か、どちらがいいでしょうか?

法人から給料を取ってしまうと、勤務先にばれる可能性があるので、退職するまでは法人に利益をストックしておくという方法があります。

 

まずはこちらからご相談ください。

 

公開日: