『創業融資が4コママンガでよくわかる!』小冊子を無料でプレゼントしています!

      2017/08/07

【創業融資】【銀行融資】経営者必見!自宅だけは守る方法とは?~預金ロック?~

 
自宅

▼お知らせ

創業融資に興味がある皆さまへ

実は、「創業融資のしくみ」が4コマ漫画でよく分かる小冊子をご用意しています。

4コマ漫画について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご確認ください♪

 

預金ロック?

 

会社が借り入れをしている銀行と、同じ銀行に、経営者個人名義の預金を預けているとします。

もし、会社の借り入れを返せなくなった場合に、経営者個人名義の預金はどうなると思いますか?

 

預金ロック」がされてしまう可能性があります。

 

※預金ロックとは?

銀行は、会社に貸しているお金を返してもらうためには、連帯保証人である経営者の個人口座を使えないようにすることができるのです。

これを預金ロックといいます。

 

奥様名義にしておくと・・・?

 

でもこれ、預金の名義を奥様名義にしておくと、差し押さえができません。

場合によっては贈与税や相続税がかかる可能性があります。ここは注意が必要です。

でも、預金ロックや差し押さえからは逃れられます。

 

このように経営者個人の預金を奥様の名義に移しておき、その奥様名義の預金が十分にあれば…

借金を返せず、最悪の場合会社の預金が差し押さえられた場合にも、自宅だけは守れる可能性が出てきます。

 

まとめ

 

経営が上手くいっている経営者さんほど、最悪の場合のリスクヘッジをしているものです。

※経営にリスクはつきものですが、リスクそのものを知らないのと、リスクを知っておいて対策しておくのとでは将来の結果が全く違います。

 

それから銀行は、中小企業の場合は「会社」と「経営者」を一体として(セットで)見ています。起業したばかりの経営者さん、経営者さんをサポートする立場の方も、このことは知っておいてくださいね。

 

経営者個人を含むお金のご相談があれば、こちらからお問い合わせください。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です