『創業融資が4コママンガでよくわかる!』小冊子を無料でプレゼントしています!

   

ゴルフをやって来てわかった、たったひとつの大きな失敗…

 
ゴルフ場

 

14歳からゴルフを始めさせてもらって、約30年。

一応ゴルフをやってきました。

でも、約30年の間にずっとゴルフをやって来たかというと、たまにしかやって来ませんでした。

多くても年に1~2回でした。

 

その理由は…

 

 

ゴルフを始めた理由

 

父が僕のために、「いずれ役に立つから」ということでやらせてくれていたからです。

とにかく早く始めることで、体で覚えさせようとしたのかも知れません。結局、父の接待ゴルフに年1回ほど同行する以外は、ゴルフをすることはほとんどありませんでした。

税理士事務所を経営してきて、今になってようやくゴルフができる環境になりました。本当の意味で父が言っていた「いずれ役に立つ」時が来たのかな、と実感しているところです。

父に感謝しています。

 

ゴルフの楽しみ方

経営者にとって、ゴルフは共通の楽しみです。

僕自身も経営者ですから、ゴルフを通して経営者の方とつながるのはとても楽しいです。

近々、顧問先のお客様でコンペをやりたいなーと思っています。

 

さて、ゴルフのこんなところが好き!という話をしてみます。

僕は野球が本当に好きで、好き過ぎて、野球部に入りませんでした(?)

大好きな野球を教えられたくなかったんです。自分で楽しみながら研究したかったんです。

 

だから、ゴルフもほぼ我流で研究しました。

ゴルフと野球はとても似ています。似ていると考えています。

ただ、体の使い方が大きく違います。止まっているボールを打つのと、エネルギーを持ったボールを打つのとでは体の使い方が違うのです。

その違いをしっかり研究しないと、野球と同じ感覚でゴルフをやると変な癖のあるスイングになります。

僕の場合は、フックボーラーなのですが、もう直りません(笑)

いや、これから少しずつでも師匠に見てもらって矯正していくのですが。とにかくフックが出ます。フェースを開いて、フェアウェイのやや右めを狙ってちょうどフェアウェイの左に残るかどうかです(笑)

 

この歳になってようやく、野球のスイングとゴルフのスイングの違いを感じてきたので、その点をプロにチェックしてもらうようにしています。

結論としては、野球でも変な癖で打っていたことが分かりました…

 

何が言いたいかというと、結局、野球でもゴルフでも、上手くなりたければ師匠は絶対必要!ということです。

師匠なしで、自分で研究して何とかなることもあります。でも、ある程度まで行って成長が止まります。

ゴルフも、早めにプロに習っておけばよかったー!と思います。

 

ゴルフでのたった一つの失敗

 

結局、ゴルフでも変な癖が残ってしまっています。

その原因はたった一つ。師匠を付けなかったことです。

実は、ゴルフのスイングは、しっかりした人にチェックしてもらえば直ります。一瞬は…

ずーっと付きっきりで見てもらうことができればいいのですが、普通はそうはいきません。自分一人で練習していると、どんどん我流になっていきます。

体の癖やゆがみも影響するので、筋トレなどでゆがみにも気づいて、整体にする必要もあります。

これらすべてを、自分一人で出来るわけがないのです。

技術もそうですが、こういう風に客観的に体のゆがみをチェックしてくれるという意味でも、師匠を付けたほうがよかったー!と後悔しているところです。

 

まとめ

 

ゴルフでやってしまった失敗、として「師匠を付けなかった」ことを書きました。

これからは経営者として、体のメンテナンスもゴルフのスイングも、しっかり師匠の言うことを聞いて実践しようと思います。

 

…趣味の話なのに、まじめ過ぎてごめんなさい!

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です