• 創業融資

【起業家】【銀行融資】起業家のための銀行交渉術!はじめから交渉負けしないシクミを作れ!シリーズその②~固定金利~

大山 俊郎
監修者 大山 俊郎

大山俊郎税理士事務所 代表 大山俊郎(おおやま としろう)

光熱費や人件費高騰による大幅なコストアップ・・・
しかし、中小企業の多くはコストアップを販売価格に反映できず苦しんでいます。「薄利多売」の時代は終わり、中小企業でも「値上げ」が必須の時代になりました。
この時代を勝ち抜くために、弊所独自の「強み集中」利益最大化経営計画を通して中小企業の支援を行っています。

代表的な著書は「SWOT分析を活用した【根拠ある経営計画書】事例集」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼お知らせ

起業家・経営者のみなさまへ

「お金で失敗しがちな事例と予防ノウハウ」をまとめました。

その事例とノウハウをメルマガで配信しています。

メルマガを読むことで、お金の知識を少しずつ身に付けられます。

 

メルマガ登録はこちらからできます。

 

 

金利は固定か変動か。選べるとしたらどちらが有利か?

 

この問題。

銀行交渉術としては、もちろん知っておきたいですよね。

 

でも、実際には、「固定にしてくれ」と言えるのはよほど内容がいい会社だけです。

マイナス金利と言われるようになって数年経過した今、これ以上の金利の低下は考えにくくなっています。すると、金利は固定がいい!と思うのが普通の感覚だと思います。

だから、融資の申し込みをする時点で、「固定で。」と言いたいところです。

 

でも、普通は選べません

 

原則、通常の借入は変動金利です。
一般の市中金融機関の原則は変動です。これは、銀行が市場からお金を引っ張ってくる時点で、すでに変動金利なのです。

 

結論としては、「固定金利にしてくれ」と言えるのは、よほど内容の良い会社だけなのです。
通常、融資は一年以内とか三〜五年以内という前提でお金を引っ張ってきているので、融資している間に金利が変動する可能性があります。つまり、固定にすると銀行自身のリスクが高まります。だから、普通は変動金利なのです。
確かに、ビジネスローンには固定金利の商品がありますが、それは制度商品として最初から決まっている商品だからです。

 

また、保証協会でも一般保証というものを使う場合は、原則としては変動金利になっています。

 

日本政策金融公庫は固定金利?変動金利?

 

商工中金や日本政策金融公庫は原則固定です。

    お名前必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    会社名

    メッセージ

    大山 俊郎

    大山俊郎税理士事務所代表税理士

    同志社大学商学部卒業後
    父が経営する年商50億の会社へ入社

    二代目経営者として
    現場での下積みから
    会社のヒト、モノ、カネ管理まで従事

    特に
    ・銀行との交渉
    ・経理の改善
    ・資金繰り
    ・事業承継の対策
    などに尽力

    ある親族との同族問題で自社の株式
    を売却をした経験から
    「会社のヒト・モノ・カネの管理は
    会社と経営者一族の運命を左右する」
    ことを痛感

    日本随一の
    「同族会社経営を経験した税理士」
    として事務所を開設し
    「会社にお金を残す節税マニュアル」
    を開発
    全国の同族会社の経営者・法人経営者
    向けに「会社を強くする仕組み作り」
    を指導

    大山俊郎のプロフィール

    ブログ一覧に戻る