2018/08/03

豊中、吹田での会社設立依頼なら 〜法人化は危険?〜

 

税理士 大山俊郎


「会社設立・起業を誰に相談すればいいのかわからない!」「会社経営で成功する考え方や方法を学びたい!」

このブログでは、会社設立・起業と顧問税理士、両方の経験を生かして、会社設立・経営の準備やノウハウを起業家目線で大公開します。

この記事を書いている人 - WRITER -

豊中、吹田の経営者さんだからと言って会社設立依頼を地元でしないといけない理由はありません。

でも問題は、緊急時の対応です。

豊中、吹田の経営者さんが法人化して、結局一番税理士がいてよかった!と思うのは、特に、「飛び込み」での税務調査になると思います。

どういうことかというと…

例えば、吹田の江坂で一般消費者向けのフランチャイズ経営をしている会社があるとします。

売り上げは、常に現金売り上げです。

現金はモノなので、隠すこともできてしまいます。

ですから、税務署は現金売り上げを信用しません。

そこで、「飛び込み」での税務調査を行い、現金の流れを調べます。

飛び込みでの調査では、現金残高しかわからないでしょ?と思われるかも知れませんが、レジの打ち方やレシートの渡し方などの事務処理を見れば大まかに現金の流れがわかってしまいます。

このような、突然の「飛び込み」調査が来たら、あなたはどう対処しますか?

もし、電話1本で税理士が駆けつけてくれたら、安心だと思いますか?

この記事を書いている人 - WRITER -