• 大阪で【会社設立】

これだけ!会社設立・運営ノウハウ ~年間100万円を「損しない」3つの方法~

会社設立は守りが強い人だけが勝ち残る!

会社経営で成功するためには、「攻め」が必要というイメージがあります。

しかし、本当に成功している経営者は、実は、「守り」が強いのです。

なぜなら、経営は「継続」することが成功の秘訣だからです。

「守り」が弱い会社経営は、一時的に業績が伸びることはあっても、長期的に見ると必ず大きな失敗をします。

この会社設立・運営ノウハウが会社経営の「守り」をサポートし、あなたの成功の一助となることを願っています。

会社を設立する理由

まず、会社を設立する理由から始めます。

私自身、会社を設立していますが、会社を設立しようと決めた理由は以下の3点です。

①赤字の繰り越しができる

個人事業では3年しか赤字を繰り越せません。

会社にすることで、赤字を長期間繰り越せるようになります。
②社会的信用が上がる

基本的に、会社にすることで社会的信用が上がります。

社会的信用は、売り上げの増加につながります。

③売上がアップする

個人事業で売上が伸びてきたため、個人事業では使えない、会社でのみ使える節税法(旅費規程・借上社宅)を取り入れたかった。

※個人事業を経ずに会社を設立をする人もいます。

通常は、消費税の免税期間が短くなってしまうこと、経営そのもののリスク、固定費の増加などを考慮すると、メリットは少ないです。

ただ、最初から社会的信用が必要なビジネスを始める場合には、はじめから会社を設立した方がいいと思います。

続きます。

大山 俊郎

大山俊郎税理士事務所代表税理士

同志社大学商学部卒業後
父が経営する年商50億の会社へ入社

二代目経営者として
現場での下積みから
会社のヒト、モノ、カネ管理まで従事

特に
・銀行との交渉
・経理の改善
・資金繰り
・事業承継の対策
などに尽力

ある親族との同族問題で自社の株式
を売却をした経験から
「会社のヒト・モノ・カネの管理は
会社と経営者一族の運命を左右する」
ことを痛感

日本随一の
「同族会社経営を経験した税理士」
として事務所を開設し
「会社にお金を残す節税マニュアル」
を開発
全国の同族会社の経営者・法人経営者
向けに「会社を強くする仕組み作り」
を指導

大山俊郎のプロフィール

ブログ一覧に戻る